• ホーム
  • 歯が痛い・しみる~一般歯科・根管治療
  • 歯が痛い・しみる
  • 重度のむし歯

歯が痛い・しみる~一般歯科~

むし歯とは、歯や歯茎の間に溜まったプラーク(歯垢)の中に潜む、むし歯菌が出す酸によって歯が溶かされてしまう病気です。むし歯が進行すると「歯が痛む」「歯がしみる」といった症状が出ます。そして、むし歯が発生する要因には、虫歯菌(細菌)・糖分・歯質・時間の4つがあります。

むし歯ができる4つの要因

Factors01むし歯菌(細菌)

プラークの中に潜むむし歯菌(細菌)が出す酸によって歯が溶けてしまいます。まずはブラッシングでプラークを落とすことが基本です。

Factors02糖分

むし歯菌の大好物は糖分! 糖分を栄養に歯を溶かす酸を作ります。糖分は食べ物の中にあるので、食事のあとはブラッシングで口腔内を清潔に保ちましょう。

Factors03歯質

生まれつきの歯の質によって、むし歯になりやすい方もいます。特にお子様の乳歯は、虫歯になりやすいと言われています。そこで予防歯科が大切です。プラークやむし歯菌を減らすPMTCもおすすめです。

Factors04時間

食事をすると口の中には糖分が溜まります。むし歯菌の栄養分である糖分を減らすには、食後にブラッシングをするまでの時間が重要です。食後、すぐにブラッシングを行い、口腔内を清潔に保ちましょう。

むし歯の進行と治療方法

  • C0初期のむし歯
  • C1エナメル質のむし歯
  • C2象牙質のむし歯
  • C3神経に達したむし歯
  • C4神経が壊死したむし歯
症状 治療方法
歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。まだ歯に穴はあいていないので、痛みなどの自覚症状はありません。 ブラッシングやフッ素コート、奥歯の場合はシーラント(プラスチック)で歯の溝を埋めて、むし歯の予防をすることもできます。
【通院回数:1回】
症状 治療方法
歯の表面にあるエナメル質がさらに溶けて、黒ずんでいる状態です。まだ痛みはありませんが、冷たい物がしみることがあります。 むし歯によって溶けてしまった部分を削り、詰め物・被せ物を使って治療します。
【通院回数:1~2回】
症状 治療方法
エナメル質の奥にある象牙質までむし歯が進行した状態です。象牙質は神経に近いため、冷たい物や甘い物がしみて、痛みを感じることもあります。 むし歯によって冒された部分を削りとり、詰め物・被せ物を使って治療します。
【通院回数:2~3回】
症状 治療方法
神経にまでむし歯が達した状態です。なにもしていない状態でもズキズキと患部が痛むようになります。 むし歯部分を削り、進行の度合いによっては神経を除去します。神経が入った管(根管)内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物をします。
【通院回数:2~3回】
症状 治療方法
むし歯に冒されて歯が溶け、ほとんど残っていない状態です。神経が死んで痛みはなくなりますが、膿が溜まると痛みを感じます。膿によって悪臭がする場合もあります。 抜歯が必要になる可能性が高くなります。抜歯を行った場合は、入れ歯やブリッジ、インプラントで歯の機能を取り戻す必要があります。
【通院回数:2~4回】
Step01問診表の記入・カウンセリング
患者様の症状を詳しく知るために問診表を記入いただきます。現在お飲みのお薬がありましたら、お薬手帳を持参ください。その後、症状についてカウンセリングいたします。いとう歯科医院ではカウンセリングや初診の時間を多くとり、プライバシーを気にされる方には個室も用意するなど、インフォームドコンセントの充実を図っています。
Step02レントゲン撮影
目視では確認できない歯の状態、歯の形などを診るためにお口全体のレントゲンを撮影します。
Step03歯周病検査
歯茎の状態を確認し、歯周病の検査を行います。
Step04治療・歯石の除去
精密検査・レントゲン写真をもとに具体的な治療を行います。
Step05メンテナンス(検診)
治療後は2~3ヶ月を目安にメンテナンスを行います。より良い状態を保つために定期的なクリーニングをおすすめしております。
院長からのワンポイントアドバイス~早期発見・早期治療~

むし歯は早期発見・早期治療に取り組むことが重要です。早い段階でむし歯を見つけることができれば、短い通院期間で治療を終わらせることができます。治療後は健康な歯を守るために定期的(2~3ヶ月に1回)な検診をおすすめしています。

重度のむし歯~根管治療~

歯には神経や血管が入っている「根管」という部位があります。むし歯が進行するとむし歯菌が根管内に侵入して神経や血管を冒してしまいます。そのまま放置すると歯は死んでしまうため抜歯する必要があります。それを防ぐために行うのが「根管治療」です。

根管治療の基本

歯の根にあたる根管は肉眼で確認できないほど細く複雑なため、非常に難しい治療になります。少しでも根管治療に問題があると、歯の奥深くに膿が発生し、再治療を行わなければならない可能性が増します。そのため、歯科医師の経験や勘が重要です。重度のむし歯になっても確実に根管治療を行うことで、抜かずに大切な歯を残すことができます。入れ歯やブリッジを使うことなく、大切な歯を残すことができるわけです。

根管治療の種類

根管治療には抜髄治療と感染根治療があります。

抜髄(ばつずい)治療とは むし歯が悪化して神経を冒してしまったり、神経が死んでしまったりした場合に行う治療方法です。根管内からむし歯菌に感染した神経や血管を抜き取り、根管内を綺麗に洗浄・消毒し、根管内にすき間なく薬剤を埋めることで機能を回復させます。
感染根管治療とは 以前に受けた根管治療が不完全だったり、根管内の奥深くで炎症が発生して顎の骨に異常が起きたりした場合に行う治療方法です、歯の根元に膿が溜まってしまう「根尖病巣(こんせんびょうそう)」が発見された場合は行います。以前の根管治療が不完全だった場合、治療で詰めた薬を除去する必要があるため、非常に難しい治療となってしまいます。
外科的根管治療 感染根管治療で根尖病巣が除去できない、小さくならなかった場合に行う治療です。

一般的な抜髄治療による根管治療の流れ

Step01歯の神経・血管の除去

むし歯菌に冒されてしまった根管内の神経や血管を取り除きます。

Step02根管の長さを測定

専用器具を使って正確に根管の深さを測ります。

Step03根管内を洗浄

根管内にむし歯菌が残らないように、丁寧に洗浄・消毒を行います。

Step04根管内に薬剤を充填

根管の先端まですき間ができないように、きっちりと薬剤を充填します。充填後は根管を密封します。

Step05被せ物の土台を形成

被せ物を固定するために土台を入れます。

Step06被せ物を装着

土台に被せ物を取りつければ治療完了です。

ドクターからのワンポイントアドバイス~根管治療後のメンテナンス~

根管治療を行った歯は自分の歯ですが、神経を取り除いているので健康な歯に比べるともろくなります。また、神経がないので痛みや異変に気づきにくく、放っておくと再発や感染を起こしやすい状態になってしまいます。(被せ物自体は人工物なのでむし歯になりません。)そこで毎日のブラッシングや定期検診でのメンテナンスをおすすめします。

メスを使わない歯周病の内科治療も提案しています。詳細はコチラをクリック!

ドクターのワンポイントアドバイス~常に清潔な状態に~

歯周病は症状が進行しても自覚症状が少ないため軽視されがちです。でも治療せずに放置すると歯がぐらつき、最終的に抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。歯茎の出血や口臭が気になると感じたらご来院ください。

歯の健康は予防から

歯周病の検査や治療・メンテナンスはもちろんですが、日々の患者様のケアもとても大切です。そこで当院では正しい歯磨きの仕方を知識のある歯科衛生士が指導させていただきます。

そこで治療後も定期検診をお忘れなく。ご自身の歯を長く健康な状態で保つためにも日頃のケアを怠らないようにしましょう。

むし歯や歯周病の治療をしたら、定期検診にお越しください。詳細はコチラをクリック!

このページの先頭へ