• ホーム
  • 抜けた歯を補いたい~インプラント・入れ歯治療~
  • インプラント治療
  • 入れ歯治療

失った歯を自然に蘇らせる~インプラント治療~

虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失ってしまった場合、そのまま放置しておくのは見た目が悪いばかりではなく、食事をするのも不自由です。それに歯の抜けたスペースに隣の歯が倒れ込んで、歯並びや噛み合わせの乱れにもつながります。

そこで抜けた歯を補うのが入れ歯やブリッジ、そしてインプラントといった治療です。中でもインプラントは、審美的にも美しく、周りの歯にも負担がかからないといったメリットがあります。

インプラント治療とは、ネジ状の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、そこに人工歯を被せることで歯としての機能を回復する治療です。当院にはインプラント専門医も在籍し、インフォームドコンセプトを徹底して、治療前に丁寧に説明させていただきます。

インプラント治療について

当院では、患者様の状態に合わせてさまざまなインプラント治療を行っています。インプラント治療では、インプラントを固定するための顎の骨が重要です。顎の骨が足りない患者様に対して、骨を増やす手術「再生療法」をご提案しております。

抜歯即時インプラント(1回法)
特徴
  • 抜歯からインプラント埋入までが1日で行える。
  • 痛みが少ない
  • 骨が痩せにくくなる
  • 歯がない期間が短くて済む
2回法インプラント
特徴
  • 手術が2回必要になるがインプラント治療の成功率が高い
  • ほとんどのケースに対応できる
  • 切開手術を2回行うので工程が複雑で高額になるケースもある
インプラントオーバーデンチャー
特徴
  • 2~4本のインプラントを埋入して総入れ歯を固定する
  • 顎の骨が痩せて入れ歯を固定できない場合に有効
  • 総入れ歯でもしっかりと噛むことができる
ソケットリフト
特徴
  • 顎の骨が足りない場合に有効な再生療法の一種
  • 歯茎を切開しないため、傷口が小さくて済む
  • 術後の腫れや痛みが出ることがほとんどない
  • ある程度の骨量がないと治療できない
GBR
特徴
  • 顎の骨が足りない場合に有効な再生療法の一種
  • 骨の量が大きく足りない場合でも可能
  • 骨の再生に3~4ヶ月必要
いとう歯科医院のインプラント治療体制
当院では、経験豊富なインプラント専門医をはじめ、海外でも講師を務めているドクターと提携し、術前カウンセリングから担当しています。年間300件を超えるインプラント治療の実績もあり、安心して手術を受けていただける環境を整えています。術後のメンテナンスケアについても行っております。泉南地域でインプラント治療をお考えでしたら熊取の歯医者「いとう歯科医院」におまかせください。

インプラント専門医のご紹介

坂口 勝啓

所属学会・所属団体
  • European Association for Osseointegration (ヨーロッパのインプラント学会)アクティブメンバー
  • Academy of Osseointegration (アメリカのインプラント学会)アクティブメンバー
  • Academy of International Advanced Implantology (ドイツ本部の国際インプラント学会)認定医
  • 財団法人 野口英世医学研究所 Cooperative Member インプラント研究員
  • メデント歯科 インプラント インストラクター
  • 日本口腔インプラント学会
  • 歯科学研究所(顧問:カール・エリック・カーンベリ教授)インプラント認定医
  • International Society of Osseointegration

静脈内鎮静法と生体モニタで万全の管理を

静脈内鎮静法と生体モニタ

インプラントの手術の際には、患者様の負担が少なくなるようにリラックス効果もある静脈内鎮静法(セデーション)を取り入れています。また看護師が生体モニターを使用し心拍数や血圧などの管理を行い、安全面の配慮を徹底しています。治療中は半分眠っているような状態になるため、インプラント治療に対する恐怖心が強い方でも安心して治療を受けていただけます。

取り扱いインプラントメーカー

アストラテックインプラント

ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM

アストラテックインプラントとは

当院ではスウェーデンのアストラテック社製のアストラテックインプラントを採用しており、インプラントを埋入してからインプラント体と骨が結合するまでの期間が短いのが特徴です。治療後、普段通りの食事を摂れるようになるまでに、通常のインプラントだと2~6ヶ月かかってしまいますが、アストラテックインプラントの場合は6週間程度と、患者様にも喜ばれています。

ストローマン

straumann simply doing more

ストローマンインプラントとは

患者様の口腔内の状態に合わせて、スイスのストローマン社製のストローマンインプラントを使用する場合もあります。

ドクターのワンポイントアドバイス~特別なケアが不要なインプラント~
インプラントは基本的に特別なメンテナンスの必要ありませんが、メンテナンスを怠れば再治療が必要になることもあります。たとえばインプラント周辺の歯周組織が炎症してしまう「インプラント周囲炎」を引き起こすこともあります。毎日のブラッシングや歯科医院での定期的なクリーニングをお忘れなく。

美しさと機能、オーダーメイド製作~入れ歯治療~

歯を失ってしまうと、食事ができないばかりではなく、発音がうまくできないといった弊害も起こります。そんな失った歯の代わりをするのが入れ歯の役目。入れ歯には、「ずれる」「噛めない」「不自然」といったマイナスイメージも強いかもしれませんが、最近では研究・開発によって自然な見た目と快適な噛み心地の入れ歯もあります。

熊取いとう歯科医院では、患者様のカウンセリングや精密検査を行い、患者様に最良の入れ歯をお作りいたします。保険適用内で入れ歯を作ることも可能ですが、使用感や見た目が気になるようでしたら自費での入れ歯もお作りすることができます。歯科技工士が在籍していますので、入れ歯の即日修理にも対応しています。

保険と自費の入れ歯の違い

  保険適用内で作る入れ歯 自費で作る入れ歯
素材 歯豊富な素材から選択可能 豊富な素材から選択可能
製作期間 早ければ1ヶ月程度で完成 素材によって時間がかかる場合もある
使用感
  • 噛む力が比較的弱くなる
    床(歯茎に当たる部分)が厚く、使用時に違和感が出やすい
  • 食べ物の温度を感じにくい
  • しっかりと噛める
  • 自分にあった入れ歯を作れる
  • 床が薄く・軽いものが作れる
  • 食べ物の温度・味を感じやすい
  • 耐久性が高い
見た目
  • 入れ歯だとすぐわかる
  • 見た目が自然
メンテナンス
  • 壊れやすいが修理・調整が容易
  • 壊れにくく、耐久性が高いが修理が難しい場合もある

いとう歯科の入れ歯治療メニュー

ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯にある金属製のバネをなくしたタイプの部分入れ歯です。歯茎に近い色のシリコンで作られているので、フィット感もよく自然な見た目が特徴。金属アレルギーの方でも心配ありません。

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に強力な磁石を取り付け固定する入れ歯です。金属製のバネがないので見た目も自然です。ずれや違和感も少ないため、しっかりと噛めるのが特徴です。

金属(チタン)床義歯

床部分に金属を使った入れ歯です。床部分が薄いため軽く、食事の温度が感じやすいというのもメリットです。

ドクターのワンポイントアドバイス~入れ歯も歯茎もお手入れしましょう~
入れ歯は昼間つけて、夜は乾燥に弱いため外して入れ歯洗浄剤に入れておくのが一般的です。日常のお手入れは、歯磨き粉は使わず、水と歯ブラシで洗います。このとき、歯茎も歯ブラシで洗って刺激を与えると、歯茎が強くなって入れ歯をした状態で強く噛むことができます。日常の扱い方で入れ歯の使いやすさも変わってきます。
しかし、80歳以上の高齢者の場合、寝起きに入れ歯が入っていないと、食いしばれないので体がふらつくこともありますそのような場合は上下どちらかを入れておくとよいでしょう。

年に1度は定期検診を行きましょう

しっかりと噛んで食事をすることで人工歯がすり減っていきます。また、部分入れ歯は、残っている歯と歯肉のチェックも大事です。ちょっとでも違和感があればすぐに歯科医院で検診を受けましょう。問題がなくても3ヶ月に1度は定期検診をお忘れなく。しっかりと噛んで食事をすることで人工歯がすり減っていきます。また、部分入れ歯は、残っている歯と歯肉のチェックも大事です。ちょっとでも違和感があればすぐに歯科医院で検診を受けましょう。問題がなくても3ヶ月に1度は定期検診をお忘れなく。

入れ歯だって自分の歯と同じ。定期的な検診や調整も必要です。詳細はコチラをクリック!

このページの先頭へ