• 歯周病について
  • 薬で治す歯周病内科

歯茎から血がでる~歯周病治療~

歯茎から血が出る 歯ぐきが腫れているかな? 最近口臭が気になる 歯茎の色が赤い?

こういった症状はありませんか?もしあてはまっていたら歯周病のサインかもしれません。

歯周病とは?

歯周病とは、歯肉や歯周組織に歯周病歯が入り込み、炎症を起こす病気です。徐々に進行して顎の骨が溶けてしまい、歯が抜けるなどの症状をもたらします。初期の段階では自覚症状がほとんどないために気づかず、知らない間にどんどん進行していくとても静かで恐ろしい病気です。実際、日本人の成人の約80%が歯周病・歯周病予備軍と言われています。

歯周病の原因は主にプラーク(歯垢)や歯石などに含まれる歯周病菌が歯周ポケットに入ることで起こります。プラークや歯石を除去することは歯周病を治療・予防するにおいて極めて重要になります。

歯周病の進行段階

進行段階 症状

初期段階

歯肉炎(歯周ポケットの深さ4mm以内)
あまり痛みはありません。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの刺激で出血することがあります。

第2段階

歯周炎(歯周ポケットの深さ4~6mm)
歯肉だけではなく、顎の骨まで歯周病菌が達した状態です。歯肉からの出血に加え、歯のぐらつき、口臭といった症状が出ます。

第3段階

歯周炎(歯周ポケットの深さ6mm以上)
触れると痛みを感じます。歯のぐらつきも大きくなり、放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります。

歯周病の外科的治療

歯周病が重症化すると、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯石が除去できなかったり、また歯周ポケットの奥深くに歯石が溜まったりしてしまいます。通常はスケーリングやルートプレーニングで対応しますが、それでも歯石を除去できない場合は、外科的治療を行います。

歯周病の外科的治療は、歯肉を切開して歯と歯ぐきの間に溜まった歯石を除去し、歯肉を縫合することで歯周病の改善を目指します。また、歯周病の進行によって歯の土台となる顎の骨が減少している場合は、特殊な材料を使って骨の再生なども行うケースもあります。

歯周病の外科的治療には、さまざまな方法がありますので、まずはお気軽にご相談ください。患者様に合わせて、最適な治療法を提案させていただきます。また、症状によっては、お薬で治療する歯周内科治療などで改善するケースもございます。

歯周病は全身に影響をおよぼします

歯周病の影響は、お口の中だけにとどまりません。歯周病菌が口内から全身に広がると、多くの病気を引き起こす可能性もあります。また妊娠中に歯周病になると、低体重児出産のリスクが通常の7倍になるというデータもあります。そこで定期検診によって早期発見・早期治療を心がけましょう。

歯周病が原因で起こる病気・トラブル 生活習慣病 肺炎 脳血管障害 妊娠・出産のトラブル

いとう歯科医院の歯周病検査メニュー

検査メニュー 検査方法
歯周ポケット測定検査 プローブという器具を使って歯周ポケットの深さ、ポケット内の炎症や出血を確認します。
動揺度検査 ピンセットで歯をつまみ、ぐらつきはないか確認します。
レントゲン検査 レントゲンを撮影し、歯を支えている骨の状態や歯石の有無など、目視だけでは確認できない原因をチェックします。
細菌検査 歯周病の原因となる歯周病菌やカビ菌が口腔内にいるか、位相差顕微鏡を使って確認します。

いとう歯科医院の歯周病治療メニュー

治療メニュー 治療内容

スケーリング

日常のデンタルケアだけでは取り除けない汚れをスケーラーと呼ばれる洗浄器具を使って除去します。

ルートプレーニング

スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥に付着したプラークや歯石を専用器具で清掃します。その後、再付着を防止する処理を歯の表面にします。

歯周内科治療

細菌検査で歯周病菌やカビ菌が見つかった場合、それらを除菌できる薬剤を使用して口内環境を根本から見直します。詳しくは歯周内科をご覧ください。
いとう歯科医院では歯周内科による治療も行っています
歯周病を治すのは歯周外科治療だけではありません。口内にメスを入れるのが不安な方には、薬で歯周病を処置する歯周内科という選択肢も用意しています。当院では症状と患者様の意見から治療方針を決めさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。専門医としっかり話し合い、治療方法を決めていきましょう。

薬で治す歯周病治療~歯周内科~

お口の中に歯周病菌が歯茎を冒してしまう歯周病。従来の歯周病治療は、スケーリングやルートプレーニングによって歯石を除去し、それでも改善しない場合は歯肉を切開して外科的治療を行うというのが一般的でした。これらの治療は非常に有効な手段のひとつですが、外科的治療では手術が必要になり、恐怖や不安を感じられる方もいらっしゃいます。そこで熊取の歯医者「いとう歯科医院」では、手術に恐怖を感じる方、また歯周病が進行する前に予防をしておきたいという方のために、歯周内科治療をご提案しています。

歯周内科治療とは、顕微鏡検査で歯周病の原因となるカビや細菌を特定し、それらの原因菌を殺菌するお薬・歯磨き・口洗剤を使い、歯周病を治療・予防する方法です。歯科医院での定期的なクリーニングとお薬の服用だけで歯周病を治す、また予防することができます。

歯周内科とは?

「歯周内科」と言われても、あまりピンとこない方も多いでしょう。歯周病はカビや細菌による感染症であり、日本では成人の80%以上が感染しているといわれる国民病です。そんな歯周病をお薬で治療する比較的新しい分野が歯周内科です。

歯周内科の治療方法

歯周内科による歯周病治療の方法は4つのステップにわけられます。

step01位相差顕微鏡で口内の菌を確認
歯周病は歯垢(プラーク)や歯石の中に潜む、歯周病菌(細菌・カビなど)が原因で起こる病気です。まずは口内に潜む歯周病菌の数や活動を見ることができる位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡でお口の中の菌を調べ特定します。
step02歯周病菌を除去するためのお薬を服用
顕微鏡によって確認できた歯周病菌に有効なお薬を使って、口腔内の菌を除去します。ご自宅でお薬を服用し、洗口剤などでケアしていただきます。
step03お薬やブラッシングでカビ菌を除去
歯周病の原因と言われているのが細菌とカビ。原因のひとつと考えられているカビを除去するために、お薬や歯磨き粉を使ってカビ菌を除去します。服用とケアでどれくらい菌が減ったかを確認していただきます。
step04口内の除菌後に歯石除去
お薬や歯磨き粉で口腔内を除菌できたら、最後に歯石を除去して歯周病治療も終了です。
院長からのワンポイントアドバイス~早期発見のための口腔内チェック~

痛みといった自覚症状がないので軽視されがちな歯周病ですが、放置していると歯がぐらつき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。そのため、定期的な口腔 内チェックが重要です。「歯茎の色がいつもより赤い気がする」「ブラッシングすると血が出る」ようなら、できるだけ早く検診を受けましょう。

歯周内科の治療は、お薬や歯磨き粉を使った治療なのでお手軽です。細菌検査のみも承っております。お気軽にご相談ください。

歯茎の出血、口臭が気になる方は歯周病かも!?歯周病について詳しい情報も掲載しています

このページの先頭へ