健康的な歯を守るために~予防歯科~

熊取の歯医者いとう歯科医院では、予防によって日頃から歯の健康を保つことを推奨しています。当院の予防歯科では、お口の定期検診をすることで、治療をすることなく健康な歯をキープすることを目的にしています。歯医者さんというと「歯が痛くなったら行く場所」というイメージがありますが、できることなら治療をせずに健康な歯を守っていきたいですよね。

こんなお悩みをお持ちの方にもおすすめ

歯の汚れが落ちにくい タバコのヤニで歯が黄ばんでいる 紅茶・コーヒー・ワインの着色が気になる

こんなお悩みはありませんか? 歯に付着した汚れは、ブラッシングだけで落とすのは難しいと言えます。そこで定期的に歯医者でプロによるケアを受けることで、汚れの付着を抑えることができます。汚れだけではなく、コーヒーや紅茶の着色といった症状にも効果があるので、お気軽にご相談ください。

日本と歯科先進国の予防歯科に対する意識の違い

歯科先進国のスウェーデンでは、国民90%が定期的な歯科検診を受けています。そして80歳以上でも平均20本の歯が残っているというデータもあります。逆に日本では定期検診を受けている人は2%にとどまっているのが現状。そのため80歳以上では、たった8本しか歯が残っていないというデータがあり、入れ歯に頼らざるを得ない状況になっています。

80歳以上での残存歯数

歯の定期健診を受けている人の割合

PMTCのススメ

80歳でも20本の歯を残すために

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリニック」の略で、歯科医院で専用器具を使って歯のクリーニングを行うことです。毎日しっかりブラッシングしているつもりでも磨き残しが起きます。そんな磨き残しがむし歯や歯周病の原因になってしまうこともあるので、PMTCでプラークや着色を除去して、美しく健康な歯を保ちましょう。

いとう歯科医院の予防歯科~検査メニュー~

定期検査

当院では、治療終了後から3ヶ月を目安に定期検診をおすすめしています。検査以外にも患者様のお口に合った歯ブラシ選びから磨き方の指導まで、お口の環境を整えるお手伝いをさせていただいています。

プラーク(歯垢)の染め出し

むし歯や歯周病の原因になるプラーク(歯垢)は、毎日しっかりとブラッシングしていても磨き残しがありがちです。そんな磨き残しを確認できるのが染め出しという方法です。プラークが残っている磨き残しを目で確認できるので、今後のブラッシングに役立てることができます。

唾液検査(RDテスト)

むし歯や歯周病の原因となる最近の数や活動性を調べるRDテストで、お口の中の環境をお調べします。RDテストは200円(税別)とお手頃なので、お気軽にお試しいただければと思います。

いとう歯科医院の予防歯科~処置メニュー~

ブラッシング指導

患者様に合ったブラッシング方法をレクチャーします。歯ブラシ選びや持ち方、動かし方などを覚えていただき、ご自宅でのデンタルケアのお助けになればと思っています。

フッ素塗布

歯の「石灰化」を促すフッ素を歯の表面に塗布する処置を行います。歯質を強くする効果や細菌の繁殖を抑える働きもあるので、むし歯になりにくい口内環境を作ることができます。

シーラント

シーラントとは、むし歯のできやすい奥歯の噛み合う面に対する予防方法です。むし歯になりやすい奥歯の溝にプラスチックを埋めることで、汚れが溜まりにくくなります。

噛み合わせチェック

噛み合わせのチェックを行い、問題があれば詰め物や被せ物で調整します。また、問題があるようなら矯正治療もご提案させていただいております。

ドクターのワンポイントアドバイス~生活習慣から歯の健康を守る~

検診とは、歯周病やむし歯の早期発見・早期治療のためのメンテナンスです。定期検診ではむし歯や歯周病といった歯の健康状態だけではなく、生活習慣から体全体の健康状態も合わせて確認いたします。その際にブラッシング方法も指導させていただき、毎日のケアに役立ててもらうことが目的です。予防歯科だけではなく、PMTCについても熊取のいとう歯科医院にご相談ください。

一生美しい歯を維持するために。当院では、予防歯科、歯周病予防の治療として点滴療法を行っています。点滴外来について詳しくはこちら

このページの先頭へ